「花伝書プレミアムクラス」、ここにすべての目的がありました


昨日は花伝書プレミアムクラス最終回。
全3回終了いたしました。

きっかけは25年ほど前に煎茶家元から「花伝書」を伝えるように言われてから
毎年、煎茶のお稽古の時々にお伝えしていました。

3年前に自然な流れで話したくなっている私。
能楽セミナーを10期までさせていただいた時に今回のご参加の前嵜さん(お茶の先生です)から
最初から1冊読んでみたいというきっかけを頂きまして、

「声に出して読む花伝書・プレミアムクラス」を開催しました。

 

最近ではこの花伝書のことを最古のビジネス書なんて言われるようなんですが、
最終回の今回にぎゅっとまとめて出てまいりました。

最後には参加者の心に残った世阿弥の言葉を書いていただき、シェアしました。
それはそれぞれの胸にうちに秘めることとして以下にはプレミアムクラスの感想をいただきました。

【感想】
1.大昔の人というイメージの世阿弥さんが言っていることを一人ではなく、他の方と共に味わって
みたかったから参加しました。もちろん、能のことなら沖原さんから習いたいという気持ちもあります。
世阿弥さんはどういう人物だったのか、何が好きで何に一番彼の想いがでているのか、知りたいです。

2.このクラスがなければ花伝書を読むことがなかったと思います。
他の参加の方の意見も楽しかったです。

3.今まで手に取ること、ましてや読むこともなく、年を重ねてきましたが読む機会を与えて
下さりありがとうございました。
書店で、解説書を探して買ってみたりし、より理解したという気持ちがわきました。

そしてその夜はダッシュで天満天神繁昌亭 にて 桂 春蝶さんの
芸能生活25周年記念 落語で伝えたい想い
「行と業」わたしは千日回峰行を生きました へ伺いました。

この感動はまた改めて書かせていただきます。

花伝書プレミアムクラス は、カタチを変えて来年開催いたします。
ご興味ある方は以下のLine@にご登録ください。
直接日程ご案内いたします。
http://line.me/ti/p/@kzw2567k

 

 

Reader Interactions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ Top of Page