すり足が私を助けてくれました

『すり足が私を助けてくれました』

先日、すり足レッスンにお越しの生徒さんからメッセージが来ました。

「主人が入院、今年は特にコロナ渦ですからいつもと違い、精神的につらかったのが『すり足が私を助けてくれました』」と。

もう泣けるじゃありませんか。私も同じ体験をしています。

主人の大手術。
担当医から大量の血液が出る場合があると言われていましたから。

気持ちが落ちつかない時こそ「すり足」。

すり足をするとまさしく、「地に足がつく」状態です。

「地に足がつく」とは足が地面をしっかりとらえる状況です。

情報をあちこち取りにいこうとしていたり、焦っていたりすると案の定、バランスを崩しています。

私たちは普段の生活でたくさんの情報量が流れて来ています。
もちろんスマホをオフにしていても、TVをオフにしていてもアタマを使っています。

では、なぜすり足をすると気持ちが落ち着いたり、グランディングできるのでしょうか。

 

それは太ももにある内転筋が関係しています。

それならば、ヨガやスポーツがいいじゃない!と思いますよね。

そのあたりをじっくりと図解でお知らせしています。はい。大好きなマニアックな世界になりますので熱弁しますが聞きに来てくださいね笑。

今年最後のすり足と能楽セミナー(合計7回ですり足習得していだきます)。

日程:
平日コース
①12月11日(金)、②18日(金)③1月を予定 午前11時から

土日コース
①12日(土)②26日(土)③1月予定
午後13時半から

①6日(日)②20日(日)③は1月予定
13時半から 1時間半です。

料金詳細はこちらをご覧ください。
 お申し込みフォームよりお申し込みください。

予約・お問い合わせフォーム

お申込みをいただいた段階ではまだご予約は確定しておりません。
3日以内にご予約の確認メールをさせていただきますのでしばらくお待ち下さい。

注意:メールの返信がない場合は、迷惑メールフォルダの中を確認していただけますようお願いいたします。(もし届かない場合は、大変お手数ですが以下にお電話を下さいますようお願いいたします)

Reader Interactions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ Top of Page