リースをやって30年

リースレッスン2018も最終日となりました。

今年もたくさんの方のご参加いただきましてありがとうございました。

このリースのカタチの発端といえば、神戸・御影にあります「英国スタイル」諸泉陽子先生、頼子先生から。

んーっともう30年前に習ったものを私なりに変化させていったものです。

昔は、チキンネットといってグリーンの金網をベースにしていましたが、今は環境問題もあるのでリース台を使用したり、

7年続けてられる方には土台づくりからお伝えしています。

 

これはもうみんな簡単にゴミ箱へポイっと捨ててしまう、廃材をベースに組み立てますが、実はそれも材料ですから見えるのも素敵なものです。

最終レッスンのご報告です。

今年は2回目、「満点セラピー」角井光子さんの作品です。

クリスマスバージョンとお正月バージョンと2パータンできるようにパーツをお持ち帰りされました。大きな作品となってもバランス良くパーツを入れられましたよ。やはりゴールドは運気が上がりますもんね。

さて、角井さんは今人気の手相師さんで、あちこち引っ張りだこ。

https://mantenlife.com/about/

手相って変わりますから今はあれ?と思っていても考え方や行動を変えることで後で変化していることがありますね。私も気になるマークがあるのでまた見てもらいたいと思っています。ぜひ、連絡してみてくださいね。

 

次は藤森雅世さんの作品。

彼女はリボン主体の作品にされました。

そしてパーツをシンプルにナチュラルなものにすることで

すっきりとしたゴージャスシンプルな作品になりました。

 

彼女は「自分史活用アドバイザー」。自分史って自分の過去から今までの歴史を振り返ることで自分を改めて発見できる。

私って何をする人?と迷っていたり、私なんて何にも取り柄がないなんて思っている人にはぜひ、「自分を知る」講座へ行ってみてくださいね。

藤森さんのサイトはこちら

https://profile.ameba.jp/ameba/double-rainbow33

 

DSC_1145

こちらは私の公立中学の時の同級生、なおちゃんの作品です。

彼女はベースカラーを白にしてシンプルな作品にされました。リボンはオーガンジーとシルバーの2本使い。この組み合わせは私はやらないから発見です。

ポイントに赤のペッパーベリーを入れられましたよ。
この白と赤のクリスマスカラーって定番ですがやっぱりこの「テーマカラー」こそすっきりとさせる心地よい作品ですね。

最後はアーティフィシャル(造花)です。

西村さんはずっと扉に飾っていたいということで紫ベースでご用意させていただきました。

ベースはグレーグリーンのあじさい。

ポイントはまた同じカラーのバラを3本、紫のダリアを2本そして紫のベリーやブルーパープルのラベンダーを入れて刺し色にしました。

このようなアーティフィシャル、リースも贈答としてお送りすることができますので

ご要望あるかたは早めにご連絡くださいませ。

Reader Interactions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ Top of Page