真夏におススメ簡単グリーンアレンジやってみました

籠バスケットや口が細いガラス花器、寸胴のガラス花器、上がカップ型のガラス花器など

グリーンばかり集めてみました。

楓、雪柳、ピット、紫蘭の葉、椿の実、ギボシ

雪柳ですが、茎の下の部分は水に浸かると腐敗しますので、しごいて取ります。

葉を取り除いたらこうなります。より水揚げが良い状態にするには、この茶色の皮を削ぐか、十文字に割りを入れます。

これは紫蘭の葉です5本くらい集めてみました

花器の口が細い場合は、このようにして太い部分を残して外の部分を切り取ります

葉が太い場合は、下から繊維に沿って切り取ります

すっきりシャープな葉に仕上がります

まず、雪柳だけ3本入れてみました。
シンプルにこれだけでも涼やかですよね。

ここに紫蘭の葉を3本入れてみました。ラインが強調されてスッキリしますね。(自画自賛)

椿の実を入れてみました。
この椿の実をグリーンですし、艶があってかわいいですね。
そして、写真では見にくいですが、紫蘭の花が終わった後の実も入れています。
ちょっとグロテスクな感じもしますが、意外と好きです。

これをそのまま寸胴のガラス花器に入れてみました。

傾きがありますが、ちょっとしたコーナーやサイドボード、横型の場所におススメのカタチになります。

最後は、かごです。
籠の中に高さが低めの入れものを設置します。

セロテープで十文字にしてから、水をはります。

さきほどのグリーンの花束をセロテープの十文字の奥側に入れてみてください。

なんとステキなんでしょう~(自画自賛~)

家にあるガラスやかごを使って、グリーンも近くの公園や庭のものを使って花材費ゼロ円です。

大切なことはLineオフィシャルに掲載しています。
下のQRコードから登録してくださいね。

こちらのQRコードに登録いただくと、今日のような簡単花生けのヒントや日本の伝統芸能のお話、季節のお話をお伝えしています。

8月のレッスン
フラワー:
8月22日(土) 13:30から
31日(月)13:30から

たしなみ塾ベーシックすり足:
8月4日(火)13:30から残1
18日(火)13:30から 残1
29日(土)13:30から 

予約・お問い合わせフォーム

お申込みをいただいた段階ではまだご予約は確定しておりません。
3日以内にご予約の確認メールをさせていただきますのでしばらくお待ち下さい。

注意:メールの返信がない場合は、迷惑メールフォルダの中を確認していただけますようお願いいたします。(もし届かない場合は、大変お手数ですが以下にお電話を下さいますようお願いいたします)

Reader Interactions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ Top of Page