美味しい新茶の入れ方

立春から数えて八十八日目に当たる5月2日あたり、
このころからお茶が摘まれ、美味しい茶葉が出荷されます
新茶の季節です。
今日は香りがとってもいい緑茶の新茶の頂き方をお伝えします。

【用意するもの】
急須
茶碗3人分
新茶
沸騰したお湯

【入れ方】
1.一度沸騰したお湯を急須に入れ、そのお湯を茶碗に入れ分けます(茶碗を温める)
2.急須に新茶10g入れる
3.温めていた茶碗のお湯を急須に戻す(1分待つ)
4.1→2→3→2→1と入れ、最後は1の茶碗に最高に濃いお茶を注ぎきる

【注意点】
1 美味しいお茶の温度は煎茶だと70度、玉露は50度から60度です。
急須から茶碗にお湯を入れると徐々に温度が下がります。
その茶碗のお湯を入れることで70度になっているというわけです。

2.最後の一滴を無駄にしない
最後の一滴が最高に美味しいゴールデンドロップです。
ゆっくりと丁寧に入れましょう

新茶は特に香りを楽しみます。

また、お茶は抗菌殺菌効果もあります。
お茶を飲んでぜひ、リフレッシュしてくださいね。
ゾオm
早く皆さんと新緑の下でお茶会などしたいですね。

ご案内:

5月18日(月)10時半から zoom無料お茶会
あくまで、このお茶会は交流会で緑茶の茶会ではありません。
ご希望の方は下記よりメッセージお願いします

 

Reader Interactions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ Top of Page