Blog

いけこみシノワズリー

シノワズリー。

今、テーブルでもオリエンタルやシノワズリーが流行っていますね。

中国茶の流行も関係があるのかもしれません。

 

シノワズリーとは17から19世紀初め特に18世紀ヨーロッパの貴族富裕層に流行した中国装飾様式のことです。

中国の景徳鎮窯の磁器がヨーロッパに輸出され、拡大されました。

 

今回のアレンジでは、紫の火鉢に活けていただきました。

いつも私が学会の活けこみなどで使っていたものです。

そして

同じ花材で他の生徒さんの作品です。

先ほどの作品が横型に対して縦型ですがとてもステキに活けられました。

こちらは染付の花器。丸くコロンとしたカタチです。

 

キュウイのツルと庭のヤマゴボウがいい味出してます。

 

9月レッスンご希望の方は

25日(火)、27日(木)ご参加いただけます。

 

 

 

お誕生日やダンス舞台のお祝いに

 

DSC_0552

みなさんはダンスなど身体ワークされていますか?

 

昨日はスタジオ・ヴェルデ主宰されているフラメンコのプロ、安井理沙先生の

フラメンコを見に行ってきました。

仲間たちと一緒に花束をプレゼント。

フラメンコといえば、黒蝶などの真っ赤や深紅をイメージするけれど

それとは全く違く色合いにしたいなーと花市場へ。

 

花市場はぐーんと秋の花になっているので

どうしても和花な雰囲気になりがち。

 

白に茶色のダリア「ララ」とモカラで黄色シックな色合いに。

そこでいい味をだしてくれているのが、キウイのつると

庭のエアプランブッシュ。

 

これがなかったらちょっと間抜けな感じになるところが

何げないグリーンってほんと、大切ですね。

グリーンに少し紅葉している風合いがまた花束にすてきな雰囲気を醸し出してくれています。

 

またハランも最後に着けているのですが、

先にハランをロール状に巻いてからブーケにするのではなく、

1枚たらりとさせながら全部のハランをブーケにし、まとめてから

ハランをそれぞれ遊ばせながらからませて留めていくというおもしろいことを

してみました。

 

そろそろ花の日持ちも良くなってくる季節。

 

貴女のお部屋に秋の風を入れてみませんか?

9月のフラワーレッスンは

25日(火)10時半から

10月9日(火)10時半から

23日(火)10時半から

場所: 豊中 イデュースサロン

所用時間: 1時間半のちお茶タイム

持ち物:  ハサミ、持ち帰り紙袋

料金、詳細は フラワーコースをご覧ください。

お申し込み後、詳細場所をお知らせいたします。

すり足ワークでおもしろいことが発見できます!

暑さがやわらぎ、少し過ごしやすくなってきました。

今日は久しぶりに長い距離をウォーキングしてきました。

このウォーキングの際も「すり足ワーク」で意識するところに気をつけて

歩いてみるといろんな気づきがあります。

 

あ、決して膝を曲げて歩くことはおススメしていません(笑)。

 

前回ご参加いただいた能楽セミナーのお2人です。

この時に「すり足ワーク」のご感想をいただきましたので

再度、掲載いたしますね。

 

☆敷いの高い、難しい内容のイメージの能楽ですが、

今も残っている意味を考えさせられました。

 

先人たちが少ない情報の中で、現在にも通じるたくさんの知識があったことに驚きました。文化や伝統の奥深さにひかれていきました。

語り部をするにあたり、話し方、動き方に活かせることがたくさんありました。とても勉強になりました。

 

☆すり足ワークと言うことで、以前、東京の能楽堂における能体験同様のことを

想像しておりました。

しかしながら、日本人古来の身体性のお話、武士と町人などによって歩き方が違う話に始まり、骨格に伴う自然の動作など、非常に興味深いものでした。

実際のすり足ワークは、なんと〇○○○(レッスン内でしますのでここは秘めさせていただきます)驚きました。

これから茶道のお稽古にぜひ、役立てていけたらと思います。ありがとうございました。

 

 

後日体験されました

網野さんの「すり足ワーク」体験はこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/educe21/entry-12397692383.html

 

「すり足ワーク」を体験いただくことで

今までの歩き方との違いを感じていただけます。

今までの座り方との違いを感じていただけます。

話すトーンや拡がりが変わります。

スピーチ、コーラスやオペラ、ダンスなど

あらゆる場でクリアできるのが能楽のすり足です。

他にもおもしろい効果がありますのでぜひ、この機会に

おもしろい体験してみませんか?お待ちしています。

 

日時: 10月1日 10時半から12時  残席 1名です。

場所: 豊中 イデュースサロン

阪急宝塚線 豊中駅下車 10分

お申し込み後、詳細お知らせいたします。

 

持ち物:  「足袋」をご持参ください。

お持ちでない方はこちらでご用意いたしますのでご連絡ください。

会費: 5,000円 (御茶、お菓子付き)

 

↑ Top of Page