Blog

ミモザは幸せの春を呼びます

DSC_1678

快晴の本日、ミモザリースレッスンにマダムたちがお集りいただきました。

DSC_1683

松田さまの作品

ミモザの小枝をそれぞれふわっとしならせてまとめられました。
リースの〇にしなくてもミモザの枝をそのままに使いたいとのこと。

 

DSC_1688

お料理教室を主宰されている松山さま
ラフィアをブルーにされて、プロヴァンスな仕上がりになりました。
その後お玄関に飾られたということで早速お写真をいただきました。

お玄関にぴったりサイズですね。素敵です!!

DSC_1680

ナチュラルベージュのラフィアにされたのは高木さま
ベージュにすることで、自然派そのもの!

右下に垂れ下がっているミモザが愛らしいですね。

DSC_1685

こちらのスワッグをお友達にプレゼントします!

 

DSC_1690

スワッグのラフィアは長めをご希望。

DSC_1695

こちらはミニリース。窓辺などに小さなリースがあるのも可愛らしいですね。

本日皆様がいらっしゃったのは、2年前のミモザリースレッスンへお越しの野本さんが

ご紹介くださいましたお仲間です。
野本さんのおかげ様でとっても素敵な皆様にお目にかかることができました。

ワイワイにぎやかにその後、イデュースおススメお魚弁当を召し上がって帰られました。

ん?「おさかな弁当」?に反応された方は火曜日以外の日程でレッスンご予約

ランチ希望とお知らせくださいね。

 

次回、16日(土)11時からはブーケレッスンです。

ミモザご希望の方は来週8日まで(市場でもう最終と言われています)
ご希望の方はご連絡ください。

今なら6日(水)午後のみレッスン可能です。

 

 

 

 

能楽的女性の魅力セミナー開催しました

DSC_1642

今日は2年前にミモザリースを作りに来られたともこさんがいらっしゃいました。

今までに何度か能楽をご覧になる機会があったようですが、

もっと詳しく知りたくなられたのと私のことを思い出してくださいました。

 

今日は第1回目ですので

「能楽のきほんのき」。

能楽ってどこで見れるの?どこから来たの?というお話と流れ、能舞台の構成など。

ともこさんは能楽の解説を読まずに感じるままに能楽ご覧になったそうです。

すると「すり足」に興味を持たれたようです。

 

パート4の「すり足」が楽しみになりますね。

まだまだ私も完全ではありませんので「すり足」勉強中ですが、

この効果は絶大だと太鼓判です!!

感想をいただきました。

「能舞台を見る機会が何度かあり、もっと深く知りたいと思っていました。

お能の見方が変わってきました。能楽堂に行き、お能を見るのが楽しみです。」

次回の日程が決まりましたらご連絡させていただきます。

すでにパート1から4までご参加いただいた方で再度受講をご希望の方は

半額の2500円にてご参加いただけます。

 

なお、フラワー、和のレッスン、能楽堂情報を直接ご案内するLine@

以下から登録してください。

http://line.me/ti/p/@kzw2567k

ツキイチ煎茶教室で体験すること


来月のお雛様の準備として掛け軸をかけていただきました。
10年ぶりになさったそうですが、
若いころにやったことは覚えているもんなんですよね。

20代の方たちにもぜひ、このような体験をしていただきたいです。
一見無駄に思えることでも
40,50代になると知らないではちょっと恥ずかしいなーと思うようなこと

こっそりやっておきませんか?

 

お花は梅と椿。
白梅は1月、2月の花で庭の白梅は満開から終わりに近づいています。

こういう時は満開の花をかなりたくさん落としてもらいました。

代わりに白いつぼみの椿を次につなげるように。
備前の重たい色の壺に白がスッキリ感じられます。

そして掛け軸のお雛様が生えるという素敵な花となりました。


今日の煎茶は、少し温かみを感じるお茶碗を選びました。

これは昨年求めた中国茶のお茶碗。こういうものも使います。

 

DSC_1520

来月は3月2日(土)13時からです。

お申し込みは以下からお願いいたします。

↑ Top of Page