「花と芸能」2021

毎年2月に開催されます「花と芸能」。今年はチェロの演奏
兄の能「嵐山」とお花は一葉式いけばな 4代家元 粕谷 尚弘氏の生け花が能楽堂の各所に生けられました。

こちらは正面玄関に。
舞台の鏡板の松と切戸口に書かれている竹から連想されたそうです。

こちらの花は、掛け軸の鳥が活けられている枝に留っているように活けられたそうです。

 

花屏風。

竹かごを上手につかわれていて圧巻でした。

こちらはモビールのように風で動くようにされていました。

 

ご一緒くださったのは、8ストーリー代表 八尾ちなみさんと、Mキッチン 前田志津さん、お友達の田中さん、katsuyoサロンの山中克予さん、

ころもりの岡本衣里さんは、ステキな自作の留め袖ドレスで
三重からお越しのカワチクミコさんはリバーレースのお着物でお越しくださいました。
昨年から和のたしなみ塾へお越しの北原由貴さんと。
ご一緒に写真が撮れなかった方もあり、失礼いたしました。お寒い中お出かけいただきましてありがとうございました。
また、来年の花と芸能も楽しくご一緒してくださいませ。

 

予約・お問い合わせフォーム

お申込みをいただいた段階ではまだご予約は確定しておりません。
3日以内にご予約の確認メールをさせていただきますのでしばらくお待ち下さい。

注意:メールの返信がない場合は、迷惑メールフォルダの中を確認していただけますようお願いいたします。(もし届かない場合は、大変お手数ですが以下にお電話を下さいますようお願いいたします)

Reader Interactions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑ Top of Page