クセに気づいて手放す

ご自分のクセって気づいてられますか?

つい先日のこと、「学び好き」な私はまたいつものように新しい学びのボタンをポチっとするところでした。

しかし、一瞬 ん?
なぜかわかりませんが、手が止まりました。

「学ぶ」ことで安心している自分がいることに気づいたのでした。

自分の中にある引き出しをもう一度見直してみる必要がありますね

 

そして、またある時、重鎮と言われている偉い先生のお話をフムフムと聞いておりましたが・・あれ?

そこに「正しい・間違っている」という概念があることに気づきました。

例えば「不安、哀しみ、怒り、恐怖」などがバツで「楽しい、笑顔」が〇。

確かに人は明るく、笑顔な人のところに集まり、哀しみや怒り、恐怖を感じている人のところには行きたがらない・・。そりゃそうでしょう。

しかし、哀しみや不安や怒りを存分に感じると楽しみを見つけられるわけで、その感情は決して悪いわけではない・・。

そう私が感じるのは、思う存分に哀しみや恐怖や怒りを私が感じてきたからかもしれません。

怒っている人は哀しいんです。
ココロの中で泣いているのです。
そう思うと、怒っている人は怖くはありません。

Reader Interactions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑ Top of Page